2010年05月13日

“平成の遣唐使船”北九州・門司港に到着(読売新聞)

 ようこそ九州へ――。「遣唐使船再現プロジェクト」(角川文化振興財団主催、読売新聞社など後援)でよみがえり、大阪から長崎・五島列島に向けて航海中の“平成の遣唐使船”が12日朝、北九州市の門司港に到着し、市民ら約200人の歓迎を受けた。

 朱と白を基調にした優美な船に中富美津男・市港湾空港局長らが乗り込むと、古代衣装をまとった中国人乗組員7人が出迎えた。中富局長は上海万博の成功などを願い、上海市長にあてた北橋健治市長の親書を王志強船長(44)に手渡した。

 船は13日朝に出港し、同日夕に福岡市の博多港に入る。14日夕に出港し、15日午後に五島列島・青方港に到着。その後、上海に運ばれ、6月12日に万博会場近くでお披露目される。

<義父殺害容疑>無職45歳男を逮捕 千葉・柏(毎日新聞)
4割近くが「五月病」の経験ありと認識(医療介護CBニュース)
徳之島3町長、鳩山首相に絶縁状「意味ない。もう会わない」(スポーツ報知)
太宰治賞に今村夏子氏(時事通信)
若手外科医スキルアップ 手術あと目立ちにくい縫合術競う(産経新聞)
posted by ナガツカ ヨシヒロ at 14:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

<日米首脳非公式会談>「話ができたことに意義」答弁書決定(毎日新聞)

 政府は27日、核安全保障サミットの夕食会での鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領の非公式会談について「外務省としては、両首脳が『じっくりと2人だけで話ができた』ことに意義があったと考える」とする答弁書を閣議決定した。米軍普天間飛行場移設問題の調整が遅れ、日本側の公式会談要請は米側に受け入れられず、会談時間は10分間だった。新党大地代表の鈴木宗男衆院議員の質問主意書に答えた。

【関連ニュース】
日米行政協定:米兵犯罪の裁判権放棄 「密約文書あった」
密約:藤山・マッカーサー討論記録 政府「不公表」答弁書
旧特定郵便局:監視カメラ、撤去費用は32億円
砂川事件:関連文書「不存在は遺憾」…答弁書を閣議決定
日米行政協定:密約文書、政府認める 駐留米兵の犯罪で裁判権譲渡

無登録で未公開株販売 経営コンサル会社元社長ら逮捕 17億円売り上げ(産経新聞)
国交政務官に6年間で献金1億 出身のJR西労組側から(産経新聞)
コモモです、ママ暖かい ニシローランドゴリラの赤ちゃん(産経新聞)
【フロム・エディター】「フラ」のもう一つの顔(産経新聞)
陸自施設で誘導弾誤発射 群馬 (産経新聞)
posted by ナガツカ ヨシヒロ at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。